日本環境技研の業務(新卒)

私たちの業務フィールドは環境・エネルギー分野や都市計画、再開発計画、都市再生分野や地域冷暖房(地域熱供給)分野、都市インフラ整備分野などですが、事業内容は、調査・企画から計画、設計、ものづくりまでと多岐に渡ります。

これは、私たちが、プロジェクト全体を俯瞰して見ながら、「①施策提案・調査・企画」から、「②計画・検討」を経て、「③設計・事業化・評価」のステップまで、全ての段階において最適な提案・技術力をもって取り組むとともに、各ステップで相互に連携を計り、プロジェクトの付加価値を高めていくことを大きな特色としているからです。

jesgyoumufuro-thumb

これを受けて、会社の業務内容も、「調査・企画シンクタンク」分野(=都市環境企画部)と、「計画コンサルタント」分野(=環境計画部)と、「設計コンサルタント」分野(=環境設計部)に分かれています。

都市環境企画部では、地球温暖化問題、防災、エネルギーの安定供給、地域活性化等の地域の環境・エネルギー問題などに対して、環境・エネルギーを切り口とした調査や企画の立案、構想(ビジョン)策定を行っています。

環境計画部では、都市や施設におけるエネルギーシステム計画、分散型エネルギーシステム計画、バイオマス利用システム計画、エネルギーサービスの事業化検討計画などに取り組んでいます。

環境設計部では、上記を具体・具現化するためのエネルギーシステムや地域冷暖房・分散型エネルギーシステム、電線地中化、共同溝などの設計、監理を行っています。

各部署は、それぞれが独立しているものではなく、相互に補完し合いながらプロジェクトを進めています。

なお、都市環境企画部・環境計画部・環境設計部への配属は、応募者の希望・適性を考慮し、判断いたします。

【当社の主な実績】
●地域冷暖房システム計画・設計:愛知万博、東京臨海副都心、成田国際空港、中部国際空港、東京オペラシティ、さいたま新都心
●新エネルギー設備設計:愛・地球博新エネルギー実証研究プロジェクト(マイクログリッド)
●PFI事業アドバイザー:東京都金町浄水場常用発電事業、森ヶ崎処理センター常用発電事業
●地下共同溝設計:みなとみらい21、立川基地跡地
●地域新エネルギービジョン・省エネルギービジョン策定:旭川市、千葉県、大阪市、神戸市、福岡市、上尾久町など30件以上
●エネルギ-システム調査・計画:住宅用燃料電池プロジェクト(国交省関連等多数)、未利用エネルギー導入促進調査(経産省等)

【当社の主な顧客】
国や自治体、公益事業者や民間企業からご依頼をいただいています。
●官公庁(経済産業省、国土交通省など)
●財団法人・独立行政法人・社団法人等(UR都市機構、都市環境エネルギー協会、建築環境・省エネルギー機構、日本ガス協会等)
●地方自治体(市町村・都道府県 など)
●空港会社(成田国際空港、中部国際空港 など)
●エネルギー事業者(熱供給事業者、電力事業者、ガス事業者、石油事業者 など)
●ディベロッパー(再開発事業者、ビル・マンション建設事業者 など)
●その他民間企業(製造会社、エンジニアリング会社 など)