防災対応・自立型の再生可能エネルギー利用分散型電源の計画・設計 (刈谷ハイウエイオアシス)
jes_casei_01

刈谷市では、災害に強い地域づくりを推進する戦略として、伊勢湾岸自動車道に面した岩ケ池公園(刈谷ハイウェイオアシスが立地)を、災害時における一時避難場所、災害復旧時の輸送拠点として位置づけており、機能強化を図っています。弊社では、刈谷市からの委託を受け、刈谷ハイウェイオアシスを含む本公園を対象に、「かりや未来型モデルエリア」として、再生可能エネルギー(太陽光発電)を導入し、災害等の電力途絶時に一時避難場所及び輸送拠点の機能を維持するために、必要な電力の確保可能なシステム実証の計画・設計を行いました。

刈谷ハイウエイオアシスのエネルギーシステムの計画・設計

本業務では、実証および将来構想として、刈谷ハイウエイオアシスの電力負荷を調査し、太陽光発電・蓄電池を組み合わせて防災対応・自立電源として運用可能なマイクログリッドの計画・設計を実施しました。

jes_casei_02